葬儀の情報が満載!

家族を失ったばかりの遺族の気持ちは、こちらでは計り知れないものがあります。
また失意のなか、親戚や友人への連絡や葬儀の準備など、やらなければならないことも多く、精神的にも肉体的にもいろいろと大変です。
このサイトでは、そんな遺族に対して、どのような気遣いができるのかを考えてみます。
私たちが悩むのが、どんな言葉をかけてあげれば良いのかということではないでしょうか。
そんなときのために基本的なお悔やみのことばを覚えておくと便利です。
故人との関係が近かった場合は、何かお手伝いできるはないか聞いてみるのも良いでしょう。

葬儀の際の遺族への気遣い

葬儀の際の遺族への気遣い 大切な家族を失ったばかりの遺族の悲しみは、こちらでは計り知れないものがあります。
その上悲しみに浸る間もなく、関係者への連絡や葬儀の手配や準備など、やることがたくさんあり、精神的にも肉体的にもきついときです。
葬儀の際に、そんな遺族への気遣いはどのようにしてあげられるでしょうか。
葬儀に参列するときは、簡単な自己紹介とお悔やみの言葉を必ず伝えましょう。
その際、故人との関係が近かった場合は、なにかお手伝いできることがないか聞いてあげると良いかもしれません。
また慣れない葬儀のなか、疲れもあり体調を急に崩す遺族もおられるかも知れません。
そんなときに自分が身近に居たら、さりげなくサポートしてあげられると良いですね。

遺族はメンタルが弱っている状態で葬儀に望んでいる

遺族はメンタルが弱っている状態で葬儀に望んでいる 葬儀はその必要が出てきた途端、多くのことを短時間で決めなければなりません。
どのような形で執り行うかの決定、斎場の決定、遺体の移送手続き、菩提寺への連絡、遺族が勤めているのならば会社への連絡、近親者への連絡など。
死亡診断書が出たら役所や銀行へ手続きに行かねばなりません。
喪服を準備して斎場に到着すると、葬儀の段取りを決め、通夜の準備に取りかかります。
通夜振る舞いの手配や会葬品の決定を行い、日程を近親者や会社へ伝えます。
通夜が翌日になる場合はろうそく番をして火を切らさないようにしなければなりません。
もちろん葬儀までろうそく番は続きます。
通夜が始まると会葬者の対応をしなければなりません。
故人の危篤からずっと付き添うため、葬儀にのぞむ遺族はほとんど寝ていない状態です。
家族を無くした悲しみと動揺、身体的な疲れ、さらに不慣れな準備に追われているので心身ともに疲労がたまる一方です。
集まった親族にも気を使わねばならず、メンタルは弱っていくばかりです。
このようなメンタル状態で火葬場に行くまで過ごすので、ナーバスな面を見せるのはいた仕方ないかもしれません。
遺族と直接話す機会があれば、弔いの言葉とともにいたわる言葉もかけてください。

葬儀の情報サイト

高浜市で葬儀を行うなら

新着情報

◎2019/4/1

喪主の役割と施主の違い
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

葬儀の受付を頼まれたら
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

葬儀ハイ(躁状態)
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

葬儀後の気分の変動
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 遺族」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@KoumeMusashi 葬儀委員長から遺族代表宛とか?

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita

葬儀豆知識】「釘打ち」(くぎうち) 柩のふたをした後に釘を打つこと。死者の霊を封じ込める、死者を悪いものから守る、あるいは遺族が死者の蘇生を断念する区切りとする意味があるなど、理由については諸説存在する。宗派や地域によっては行わない場合もある。

葬儀の形式】 葬儀は、遺族、近親者によって営まれる死亡者への儀式ですので、普通、家の宗教に準じた形式でとり行います。亡くなった人が、家の宗教とちがった信仰をしていた場合は、その人の生前の意志を尊重して、喪主が葬儀の形式を決めます。

家族葬でも、遺族から要請があった時は、ぜひ参列して下さい。 香典は、正直、頂けると助かるのが本音です。 供花・弔電は辞退される場合もあるので、事前確認をお願いします。 要は「葬儀は故人の遺志と、遺族の意向が最優先されるべき」という、至極当たり前のことです。

返信先:@Tushan6889 素晴らしい。遺族の意向ではなく「故人の意志」とあらば、坊主も葬儀屋も介入できないですしね。日本の大乗仏教はもはや仏陀の思想とは全くの別物で、みんなが疑問に思ってるのに、言い出せないことにつけこんだ、単なる宗教ビジネス。下手に権威があるぶん、新興宗教よりもタチが悪い。

家族葬、という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 近しい者たちだけで見送る葬儀の形です。 親族以外のご参列は、遺族から依頼がない限りは、ご遠慮下さいますよう、お願いしたいのです。

身近な人の不幸は、それだけで心に大きな負担となり、葬送の手順なども思うようにならないものです。 私どもでは、そんなご遺族の皆様の身になり代わって、喪心よりご葬儀のお手伝いをさせて頂きます。http://yokohamaseiko #yokohama #sougi #fuhou

Twitter誠行社葬祭南斎場@minamisaijyou

返信 リツイート 6:10

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita

お坊さんが葬儀葬儀屋さんに仕切りられっぱなしだっていうなら、全部やって頂いても全然問題ないんです。深夜のお迎えから、意見の異なる遺族の調整、布施が高くて払えないって相談も全部引き受けて上げて下さい。こんな事葬儀屋に言わせるような事させないで下さいな。ドンとしてやって下さい。

Twitter佐藤信顕@6/22トークライブ&オフ会@satonobuaki

返信1 リツイート2 0:48