葬儀の情報が満載!

家族を失ったばかりの遺族の気持ちは、こちらでは計り知れないものがあります。
また失意のなか、親戚や友人への連絡や葬儀の準備など、やらなければならないことも多く、精神的にも肉体的にもいろいろと大変です。
このサイトでは、そんな遺族に対して、どのような気遣いができるのかを考えてみます。
私たちが悩むのが、どんな言葉をかけてあげれば良いのかということではないでしょうか。
そんなときのために基本的なお悔やみのことばを覚えておくと便利です。
故人との関係が近かった場合は、何かお手伝いできるはないか聞いてみるのも良いでしょう。

葬儀の際の遺族への気遣い

葬儀の際の遺族への気遣い 大切な家族を失ったばかりの遺族の悲しみは、こちらでは計り知れないものがあります。
その上悲しみに浸る間もなく、関係者への連絡や葬儀の手配や準備など、やることがたくさんあり、精神的にも肉体的にもきついときです。
葬儀の際に、そんな遺族への気遣いはどのようにしてあげられるでしょうか。
葬儀に参列するときは、簡単な自己紹介とお悔やみの言葉を必ず伝えましょう。
その際、故人との関係が近かった場合は、なにかお手伝いできることがないか聞いてあげると良いかもしれません。
また慣れない葬儀のなか、疲れもあり体調を急に崩す遺族もおられるかも知れません。
そんなときに自分が身近に居たら、さりげなくサポートしてあげられると良いですね。

遺族はメンタルが弱っている状態で葬儀に望んでいる

遺族はメンタルが弱っている状態で葬儀に望んでいる 葬儀はその必要が出てきた途端、多くのことを短時間で決めなければなりません。
どのような形で執り行うかの決定、斎場の決定、遺体の移送手続き、菩提寺への連絡、遺族が勤めているのならば会社への連絡、近親者への連絡など。
死亡診断書が出たら役所や銀行へ手続きに行かねばなりません。
喪服を準備して斎場に到着すると、葬儀の段取りを決め、通夜の準備に取りかかります。
通夜振る舞いの手配や会葬品の決定を行い、日程を近親者や会社へ伝えます。
通夜が翌日になる場合はろうそく番をして火を切らさないようにしなければなりません。
もちろん葬儀までろうそく番は続きます。
通夜が始まると会葬者の対応をしなければなりません。
故人の危篤からずっと付き添うため、葬儀にのぞむ遺族はほとんど寝ていない状態です。
家族を無くした悲しみと動揺、身体的な疲れ、さらに不慣れな準備に追われているので心身ともに疲労がたまる一方です。
集まった親族にも気を使わねばならず、メンタルは弱っていくばかりです。
このようなメンタル状態で火葬場に行くまで過ごすので、ナーバスな面を見せるのはいた仕方ないかもしれません。
遺族と直接話す機会があれば、弔いの言葉とともにいたわる言葉もかけてください。

葬儀の情報サイト

高浜市で葬儀を行うなら

新着情報

◎2019/4/1

喪主の役割と施主の違い
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

葬儀の受付を頼まれたら
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

葬儀ハイ(躁状態)
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

葬儀後の気分の変動
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 遺族」
に関連するツイート
Twitter

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita

RT @tokumoto0: #新聞記者 あまりにご都合主義。 悪の組織・内閣調査室の差し金で自殺した官僚の葬儀所に主人公記者が出向く→その際知り合った男は、内閣調査室員でもあり自殺した官僚が信頼する元部下でもある善玉官僚→善玉官僚が遺族と自身の元同僚だかを訪ねて得たネタ(とも…

身近な人の不幸は、それだけで心に大きな負担となり、葬送の手順なども思うようにならないものです。 私どもでは、そんなご遺族の皆様の身になり代わって、喪心よりご葬儀のお手伝いをさせて頂きます。http://yokohamaseiko #yokohama #sougi #fuhou

Twitter誠行社葬祭南斎場@minamisaijyou

返信 リツイート 8:10

しかし、今、「マケイン ペイリン」で検索したら、マケインはペイリンを副大統領候補にしたことを後悔し、マケインの遺族はペイリンの葬儀参列を拒んだとのこと。

返信先:@H_Schwarz_SK44 ちょっと待って、同じ「職員に砕かれた」でもこれは酷すぎるでしょwww故人への敬意がまるで感じられない!葬儀の場なんだから故人にも遺族にももうちょっと気を遣って!?遣えないならもうその仕事やめてよ…!! うわ…やだ…これは嫌だ…子供じゃなくても一生トラウマだわ………

死んだ人間の”何か”を持ち続けることでその人との縁を断ち切りたくない・失いたくないという「遺族の思い」というだけで、「宗教的な意味合い」とか「葬儀の作法」とかでは決してない( 'ω')

死んだその日の内にはその家に行くからかなり遺族から怪しまれるけど事前に手紙を書いてもらったのを見せて納得してもらってから葬儀の段取りに入る。………みたいな導入をですね、近々……書き上げたい……

檀家なのに葬儀を別の寺でやり終わってから、後であーだこーだ言って来て…なんてツイートがいくつか上がってますが、その家はその後も檀家のままなのか、やめてもらうのか、どっちなんだろう? よその寺で葬式した遺族に「法事だけやってくれ」とか言われたらどうするんだろうか。 事例が知りたい。

Twitter水波坊 ☸️ 𝔉𝔲𝔨𝔲𝔯𝔞𝔨𝔲𝔧𝔦-𝔗𝔢𝔪𝔭𝔩𝔢@aiofukurakuji

返信2 リツイート5 昨日 22:54

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita

返信先:@JieeeeiM いいや、死んでるね、葬儀の準備中だ。遺族以外立ち入るな

Twitterピーター ジーン アサナンデス(いさお)@isao137

返信 リツイート 昨日 21:40