葬儀の情報が満載!

葬儀でダメージを広げないためには

葬儀でダメージを広げないためには 葬儀に参列するほど親しい仲の人が亡くなると、とても大きなダメージを心に負ってしまいます。
ただでさえつらいのに、葬儀に参列することでさらに大きなダメージを受けてしまうこともあります。
では、葬儀でこれ以上辛くならないためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。
参列した場合、告別式の最後に棺の中に花や故人の好きなものを入れるという儀式がありますが、参加は強制ではありませんので、辛い場合は無理をして参加しないようにしましょう。
やはり亡くなった人の顔を間近で見てしまうと、いくら自分に言い聞かせていたつもりでも精神的に衝撃がとてつもないです。
最後に顔を見ないのは失礼にあたるとか、故人に悪い気がすると考えがちですが、心の中で故人の冥福を祈っていれば無理をする必要はありません。
また、なるべく周りの人と話すようにしましょう。
1人でいるとどんどん辛くなってしまいますので、誰かと話すことで気持ちが落ち着きます。

葬儀後に落ち込むのは仕方のないこと

葬儀後に落ち込むのは仕方のないこと 家族や身近な人が亡くなるとすぐに葬儀の準備をしなければなりません。
葬儀を行なうことに慣れている人はそう多くはありません。
短い時間で準備をし、また多くの弔問客に失礼のないように応対するのはたいへんなことです。
家族を亡くして悲しんでいる暇もないというのが実際のところです。
葬儀が終わって一段落すると自分にとって大切な人がいなくなってしまったという事実に直面します。
そのときに落ち込む人は少なくないのです。
それは仕方のないことだといえます。
悲しい、辛いというのは自然な感情なので、言い換えれば落ち込むということは悲しみから立ち直るプロセスの一部なのです。
ですから落ち込んでいる人に対して、元気づけようとして励ましたり、またしっかりしろという言葉をかけるのは効果がありません。
悲しい、寂しい、辛いという気持ちに寄り添い、できればそっとしておいてあげることが大切です。
落ち込んでいる期間は心の整理をしている期間なのです。

新着情報

◎2018/3/9

葬儀後の気分の変動
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 ダメージ」
に関連するツイート
Twitter