葬儀の受付を頼まれたら

葬儀の受付を頼まれたら

葬儀の受付を頼まれたら 葬儀の受付を担当してほしいと頼まれることがあります。その時にはどのようなことに気をつければよいか、故人にとっても遺族にとっても人生の大事な、厳粛な儀式であるので心をこめて奉仕したいものです。
当日の服装は、喪服着用又はダークスーツに喪章をつけて臨みます。男性なら黒いネクタイで、靴は黒の皮靴が良いです。少し早めに行って、喪主に挨拶をし、故人に焼香してから受付の場につきます。複数で担当するよう依頼されることが多いですから手順等確かめて参列者に対して失礼のないように備えます。
参列者から香典等を預かる時には、念のために、お金を確かめさせて下さいとお断りした上で金額を確かめることは失礼には当たりません。香典を持ってくることのもともとの意味は親族や参列者が葬儀費用の一部にあててほしいという互助の心から生れたもので、葬儀の終了後には、施主あるいは遺族に対し、参列者からお預かりした香典を芳名簿と一緒にお渡しします。当日は施主も遺族も落ち着かない状況であるので、微力ながらそれを支える気持ちで対応したいものです。

喪主は一般的に誰がつとめるべきなのか

喪主は一般的に誰がつとめるべきなのか 葬儀の手配は一体誰が行っているのかというと、喪主です。どのような葬儀にするのか等、葬儀会社の人と話を進めていく必要があるので、親族がお亡くなりになったらまず喪主を決めます。
故人が遺言書を残しているのであれば遺言書に従います。遺言書がないときは、まずは故人の配偶者、お子さんが成人しているなら、長男長女、次男次女という順番に決めていきます。配偶者が他界していたりいないとき、そして血縁者もいない場合は友人がなったり、介護施設の方がなることもあります。この時は、「友人代表」や「世話人代表」と記されることが多いです。必ずしもひとりに決める必要はないです。複数の人でつとめても問題ありません。
お葬式の監督的な立場であり、代表で挨拶をする必要もあります。お寺と連絡も取らなければいけないですし、やらなくてはならないことが沢山ありますので、周りの親族と協力し助けてもらいながら満足のいく式になるように手配を進めていきましょう。

新着情報

◎2019/4/1

喪主の役割と施主の違い
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

葬儀の受付を頼まれたら
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

葬儀ハイ(躁状態)
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

葬儀後の気分の変動
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 喪主 」
に関連するツイート
Twitter

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita

RT @shi__ka_: 親が亡くなり長女だから喪主をやる甜花ちゃん。葬儀に千雪さんが来てくれて普段とは違い『この度はご愁傷様です…』『お忙しい中ありがとうございます…』とちゃんと挨拶を交わす場面を想像しながら寝てる

RT @shi__ka_: 親が亡くなり長女だから喪主をやる甜花ちゃん。葬儀に千雪さんが来てくれて普段とは違い『この度はご愁傷様です…』『お忙しい中ありがとうございます…』とちゃんと挨拶を交わす場面を想像しながら寝てる

Twitter香風連太郎@こずえP/こずえを増殖させよう@Kafu_Rentaro

返信 リツイート 10:45

返信先:@Invesdoctor それよりも、ここ20年くらいで、家族葬志向がデフォになったり、葬儀会社のビジネスモデルは激変してる感があります。 病院への付け届け、営業って、むしろ一世代前なんですよね。 多分顧客層の世代(喪主になりうる30ー50代)向けに、スマホ検索にも対応したSEO対策とかじゃないでしょうか。

RT @ofranmama_3: 葬儀も終わり 今 やっと泣けてきた自分が居る 喪主でも無く慌ただしく世話をやき今ここに来て 色んな書類を見て父親からの私の存在を見付けて 少しも父と似てない私を見付けた この時間が忌引と言う時間なのか 少し静かに泣こうかと思う 兄…

Twitter今 天光光  村山真弓@sakurazimaima01

返信 リツイート 7:31

歳月の経過でいくらでも不細工な者に変わっていくぞ。 この前は叔父と叔母の葬儀の時の『従妹と従弟(喪主)の嫁』で出たよな。

TwitterKnight's Tour '60@genmaimochi

返信 リツイート 4:41

喪主 「これですか、新しい省エネ霊柩車というのは」 葬儀屋「はい。さようでございます」 喪主 「どこがいままでと違うんです?」 葬儀屋「はい。ホトケさまを焼きながら、そのエネルギーで走るんです」

Twitterブラックジョークbot@blackjoke_bot

返信 リツイート 3:35

それを知った会衆の長老たちは、(祖父はまだ懸命に生きているにも関わらず)、葬儀の行い方について祖母や我々にしつこく尋ねてくるようになったのです。 喪主はどうするのか、お経や献花、焼香はどうするのか、それを行う場合我々はその場にいるのか、などと...。

母が死んだとき何故世界は当たり前のように続いているのか不思議だった。空っぽの世界に放り出され不安に襲われながらも唯一の家族として喪主を立派に務めようと思っていた。それが母にできる最後のことだったから。 それなのに、見知らぬ老人がやって来て葬儀を勝手に取り仕切った。

Twitter石動蛍@新卓ストップ@isurugihotaru

返信 リツイート 昨日 23:54

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita