葬儀の受付を頼まれたら

葬儀の受付を頼まれたら

葬儀の受付を頼まれたら 葬儀の受付を担当してほしいと頼まれることがあります。その時にはどのようなことに気をつければよいか、故人にとっても遺族にとっても人生の大事な、厳粛な儀式であるので心をこめて奉仕したいものです。
当日の服装は、喪服着用又はダークスーツに喪章をつけて臨みます。男性なら黒いネクタイで、靴は黒の皮靴が良いです。少し早めに行って、喪主に挨拶をし、故人に焼香してから受付の場につきます。複数で担当するよう依頼されることが多いですから手順等確かめて参列者に対して失礼のないように備えます。
参列者から香典等を預かる時には、念のために、お金を確かめさせて下さいとお断りした上で金額を確かめることは失礼には当たりません。香典を持ってくることのもともとの意味は親族や参列者が葬儀費用の一部にあててほしいという互助の心から生れたもので、葬儀の終了後には、施主あるいは遺族に対し、参列者からお預かりした香典を芳名簿と一緒にお渡しします。当日は施主も遺族も落ち着かない状況であるので、微力ながらそれを支える気持ちで対応したいものです。

喪主は一般的に誰がつとめるべきなのか

喪主は一般的に誰がつとめるべきなのか 葬儀の手配は一体誰が行っているのかというと、喪主です。どのような葬儀にするのか等、葬儀会社の人と話を進めていく必要があるので、親族がお亡くなりになったらまず喪主を決めます。
故人が遺言書を残しているのであれば遺言書に従います。遺言書がないときは、まずは故人の配偶者、お子さんが成人しているなら、長男長女、次男次女という順番に決めていきます。配偶者が他界していたりいないとき、そして血縁者もいない場合は友人がなったり、介護施設の方がなることもあります。この時は、「友人代表」や「世話人代表」と記されることが多いです。必ずしもひとりに決める必要はないです。複数の人でつとめても問題ありません。
お葬式の監督的な立場であり、代表で挨拶をする必要もあります。お寺と連絡も取らなければいけないですし、やらなくてはならないことが沢山ありますので、周りの親族と協力し助けてもらいながら満足のいく式になるように手配を進めていきましょう。

新着情報

◎2018/8/23

葬儀の受付を頼まれたら
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

葬儀ハイ(躁状態)
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

葬儀後の気分の変動
の情報を更新しました。

◎2018/2/14

サイト公開しました

「葬儀 喪主 」
に関連するツイート
Twitter

喪服といっても、一般参列で、葬儀に行くのは、略式喪服らしい。正式な喪服は喪主や遺族に近い親族が着る喪服!akihabara.areablog.jp/kuuokita

喪主私ね 葬儀は日本でやるぞ☺️

RT @kikakukko: 刀剣男士が喪主を務める審神者の葬儀の話。 #本丸葬 pic.twitter.com/zZZ42KdqGP

Twitterすすき【無言フォローすみません】@orange0rose

返信 リツイート 19:56

故 フジタジュンコ 火葬のお知らせ 三月二十四日 日曜 午後三時より 代々幡斎場にて。 ※告別式、葬儀は行いません。 お通夜は本日、下北沢の在る場所で行なっております(自宅兼アトリエ) 本人にご挨拶がある方は私にご一報、 または直接いらしてください。 喪主 (MOSH) フジタチアキ pic.twitter.com/7awU3ESLYR

喪主 「これですか、新しい省エネ霊柩車というのは」 葬儀屋「はい。さようでございます」 喪主 「どこがいままでと違うんです?」 葬儀屋「はい。ホトケさまを焼きながら、そのエネルギーで走るんです」

Twitterブラックジョークbot@blackjoke_bot

返信 リツイート 17:35

この間亡くなったおばあちゃん、喪主は二男だったのだが病院から火葬場直行で顔をチラッと見るや否や火葬開始。こんな葬儀あるの?棺に詰める花も無し。だから、ウチだけでも好きだった花を花屋まわって買い占めてきた。二男は、忘れちゃった(^^)と言って実の親なのに好きだった食べ物とかも無し

うぅ;;父の遺骨は軽かったろうね。その箱は母が持ってたのかな。なんとなく日本での父の葬儀は晴れた日なイメージ…。母の葬儀のときはカズマが喪主か。もうちょっと大きくなってるだろうけど>RT

Twitterことじか@大逆用@usagimot0

返信 リツイート 15:05

人生で1番執着してる自覚はあるし彼の葬儀喪主になりたいなあとはたまに思うけれど同好の士って感じのこの関係性で満足しているから別に付き合いたいとか独占したい気持ちもないんだよなあ。

【精進落とし】 骨あげした日、喪主葬儀にあたって、色々お世話になったお坊さんや、世話役、近所の手伝ってくれた人、知人、親族を招いて慰労の宴を行うことを”精進落とし”といいます。

祖母の葬儀喪主をする事になった時、 やる事は多くて大変だけど、やった後の達成感は大きいんじゃないかと思ったんですが シングルのまま子供が成人したり、結婚した時の達成感は凄い予感がしますよね。